学校案内>校訓と教育方針

<English>
 ■校  訓



自彊不息(じきょうふそく) : 自分を励まし、休むことなく努力し続ける


 ■学校教育目標

  ・生徒の個性に応じた教育の展開を図り、将来を展望した魅力ある学校づくりに努めます。
   ・「自彊不息」の校訓のもと、「生きる力」を身に付けた生徒の育成に努めます。


 ■平成31年度 教育指導の重点

1. 学校経営の重点
(1) 学力の定着と向上
    授業規律の徹底を図るとともに、生徒が主体的に取り組むよう「わかる授業・楽しい
   授業」を追求し、基礎的・基本的な学力の確実な定着に努めます。
    全職員が生徒個々の実態を把握し、個に応じた具体的な到達目標を定め、生徒一人一
   人の個性を活かす指導を推進します。
(2) 生徒指導の充実
    さわやかな挨拶や清楚な身だしなみ等の基本的な生活習慣の確立に努めるとともに、
   人間性豊かな生徒の育成を図り、他を思いやる心や進んで奉仕する心を育みます。
    生徒会活動や委員会活動を活性化し、生徒自身の手で学校を改革していく気概を育成
   します。
(3) キャリア教育の徹底
    就業に関わる体験的な学習や外部の教育力を活用した教育活動を通して、3年間を見
   据えた体系的なキャリア教育を行うことにより、生徒一人一人が主体的に進路選択でき
   るようにします。また進路目標を達成するため、資格取得や進路補習等に取り組む態度を
   育成します。
(4) 地域貢献活動の推進
    図書館、グラウンド等の学校施設の開放や市民講座の実施によって、より開かれた学
   校づくりを目指すとともに、地域行事のボランティア活動に積極的に参加し、地域に密
   着した学校運営を推進します。
(5) 積極的な情報発信
    一斉メール配信やホームページ等を利用し、生徒、保護者と情報を共有するとともに、
   岐阜市及び地域に対し学校の教育活動等の、積極的な情報発信を行い地域社会との連携
   強化を図ります。
(6) 教育環境の整備
    校舎周辺や校舎内の環境整備に努めるとともに、生徒の安全対策の充実を図ります。

○ 教務部
(1) 授業における学力の定着
    生徒の実態を踏まえ、授業規律を徹底した上で創意工夫のある授業を展開します。
(2) 主体的な学習態度の育成
     生徒一人一人に具体的な目標を持たせるとともに、生徒の思考過程や自己表現活動を
   大切にし、よりよい学習習慣を育成します。

○ 生徒指導部
(1) さわやかな挨拶や清楚な身だしなみ等の基本的な生活習慣の確立に努めるとともに、
   人間性豊かな生徒の育成を図り、他を思いやる心を進んで奉仕する心を育成する。
(2) 「市岐商ブランドの確立」を目指し、地域に愛され、品位のある市岐商生を育成する。

○ 進路指導部
(1) 生徒一人ひとりが自己を正しく理解し、それぞれの目標を見いだした上で具体的に
   分析・研究・体験をし、進路実現ができるようにする。

○ 特別活動部
(1) 部活動の充実
  ・高い目標設定とその達成のための活動の充実を図る。
  ・全国大会に出場し、日本一をめざす。
  ・文化系部活動の更なる活性化と全国大会での活躍をめざす。
  ・部の再編を行い、活動の活性化を図る。
(2) 生徒会活動の活性化
  ・生徒自らの創意と工夫が生かされた活動の推進。
  ・委員会活動や各種行事への積極的な参加・企画・運営。
(3) ボランティア活動の積極的な取り組み
  ・部活動単位、HR単位、委員会単位等でボランティア活動の機会を積極的に模索し、
   全校体制で実践していく。

○ 保健厚生部
(1) 健康に関する基本的な知識や習慣(態度)を身につけさせ、生涯を通じて健康な生活を
   営むことができる態度や能力を育てる。
(2) 心身共にバランスのとれた人間の育成を目標として健康教育の推進に努める。
(3) 安全に留意し、危険防止に努め、緊急時や災害時に適切な行動が取れる態度を育成する。

○ 渉外部
(1) 生徒の健全な育成を目指して、PTAとの緊密な連携をはかる。
(2) 学校そして会員相互の意思の疎通をはかると共に、会員の資質の向上をめざす。
(3) 市岐商デパート飲食部門・謝恩品部門の参加を通して、会員相互の交流を深める。
(4) メール配信を通じて情報を共有し、会員が学校教育に参加する環境を整える。

○ 図書・視聴覚部
(1) 朝読書などを通して読書習慣の定着を図る。
(2) 昼休みや放課後の図書館利用を推進する。
(3) 生徒の貸出数を増やす。
(4) 生徒の興味・関心を引き出すことに努め、多様な要望に対応できる図書館運営に努める。
(5) 視聴覚教材の教科や教科外活動への援助を図る。
(6) 図書・視聴覚委員会の活動を推進する。

○ 商業教育部
(1) 魅力ある学科づくり
    学科・コースの目標にあった教育課程を編成するとともに、各学科が創意工夫を活かし
   魅力ある商業教育を推進する。
(2) 生徒一人一人がもつ個性や能力の伸長
    自ら考え、学ぼうとする力の育成を図るとともに、生徒一人ひとりがもつ個性や能力を
   最大限伸ばすために、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善を実践する。
(3) 職業資格取得のための指導
    生徒自らが自分に適したキャリアを意識しつつ、目的意識をもって、職業資格の取得に
   取り組むよう指導を行う。
(4) ビジネスに対する望ましい心構えと地域貢献
    将来の職業人として必要な倫理観やビジネスマナーを身に付けさせるとともに豊かな
   コミュニケーション能力を育成し、市岐商デパートや市民講座、中学校への出前授業等を
   通じて地域貢献を行う。
(5) 高等学校学習指導要領の改訂
    平成34年4月1日に施行される新高等学校学習指導要領の理念や内容について理解を深めるために、
   新高等学校学習指導要領等に関する研修会等に参加する。
    また、本校における社会に開かれた教育課程の編成に向け、必要となる教育条件について検討する。

○ デパート課
(1) 全校生徒・職員・保護者が一体的に取り組むことで、優れた校風と伝統を築く。
(2) 働くことの意義や尊さを認識させ、望ましい勤労観や職業観を育成する。
(3) 組織の中で働くことで、自己責任の観念やコミュニケーション能力を身に付けるとともに、
   新たなビジネスの創造にかかわる資質を養う。
(4) 商業に関する基礎的な・基本的な学習の上に立ち、生徒一人ひとりが主体的に取り組むことで、
   問題解決能力や創造的な学習態度を育てる。
(5) 学校を地域の人々や保護者などに広く公開することで、本校教育に対する一層の理解を図り、
   開かれた学校づくりをめざす。

<教育スローガン>
  ○市岐商ブランドの確立
   〜 ひとりひとりの自覚と実践 〜
  ・地域に愛され、地域に位置づけられる学校をめざします。
  ・生徒一人ひとりの文武両道をめざします。
  

 ■学校経営計画(高等学校版マニフェスト)

平成31年度 学校経営計画(高等学校版マニフェスト)